お金持ちのワインの選び方

Pocket

一般人がワインを選ぶ時、それは価格が最も重視される。
それも明確に言うと、1本1000円以下というのが条件になる。

それを証明するかのように、楽天市場では10本1万円のワインセットが大量に存在してランキングにも入っている、ネット以外にもカタログ通販でも10本1万円を行っているし、酷いと百貨店の地下に行っても10本1万円だ。
イオンモールに正月に行けば100%このセットが置いてある。
この10本というのは、高い確立で「金賞受賞」と謳われている。よくわからない農林コンクールを受賞していたり、ソムリエ厳選と謳われることもある。

1本1000円のワインというのは、それほどまでも大衆にとっては重要な条件なのだ。
小売店では600円〜1300円のワインが人気で、それ以上になると急に売れ行きが悪くなる。
だが、正直に言ってどれもマズイ。
1000円代のワインというのが、そもそもマズイ。

販売店の収益と、卸元、フランスの代理店、ワインの生産者、それに酒税と関税を入れると1000円で売られているワインというのは良いとこ、100円〜300円だ。瓶代とラベル代で終わってしまうほどに微々たるものだ。美味しい訳がない。

逆に考えたらどうだろう、フランスやイタリア、アメリカで千円で美味しい日本酒が買えるだろうか?絶対に無理だ。
日本で2000円出せば、純米だろうと本醸造だろうと、美味しい日本酒が揃っているわけだ。海外だと輸出の手数料や関税などできっと店頭には4000円程になるだろう。

つまり、そういうことだ。ワインも日本で4000円出せば、ハズレの確立が極端に減って、2回に1回以上は中々美味しいワインを引くことになる。
ところが1本1000円のワインは10本全部マズイことだってしばしだ。

美味しいワインというのは日本では4000円以上なのだ。
貧乏な人は、高級ワインをバカにする傾向がある。名の通ったシャトー、それも格付けがあるものを嫌う、「何がシャトー・マルゴーだ?ラトゥールだ?ムートン・ロートシルトだ?あんなのは金持ちの道楽でたいして美味しくない、このチリの方がコスパが……」こんなようなセリフを一度は酒場で聞いた事があるはずだ。

それを言えるのは、飲んだ事のある人だけの特権だ。飲んだことない人間が言うと只の妄想にすぎない。童貞がエッチは気持ちよくない、と熱弁するようなものだ。
端的に言うと、高いワイン、それも格付けのワインは非常に美味しい。
必ずとは言わないけれど、少なくとも1000円のワインとははるか別物というほど、香りが立ち、味わいも深い。

だけれど、セカンド・ワインと違うかと聞かれると、余程のワイン通でない限り即答はできない。何となく同じ感じというケースも多い。
中には3級畑や4級畑だとファーストラベルでも1万円程度、セカンドラベルだと4〜5千円というものもある。
それらは、スーパーで売られている千円のワインと比べると、次元が異なり香りも芳醇で余韻も長く、果実感があり、うっとりするようなワインであったりするのだ。

何が言いたいかというと、貧乏人は千円でマズイワインを買わされて、お金持ちは4千円で1級シャトーのようなニュアンスを持つ美味しいワインを楽しんでいるのだ。
これは間違いがない。

もしお金持ちでなくとも、ワインをしっかりと楽しみたいのであれば、無駄な節約をせずに、3〜5千円のワインをたのもう。きっと、いつもの安ワインとは異なった味がするはずだ。