お金を増やすには、クレジットカードを減らし、口座を増やす

Pocket

とてもシンプルですが、お金が貯まらない人ほどできていない事です。

お金を増やすには、「クレジットカードを1枚」「口座を複数」にする事が第一です。

クレジットカードを2〜5枚持っている人は、今月に使ったクレジットカードの金額を即答できますか?
お金の管理をきっちりしている人であれば、何枚持っていても今月は「4万5千円前後」などと、ぴたっと千円単位で使った額をいえますが、ルーズな人は請求書が来てから慌ててお金をかき集めます。

酷いときには、「後からリボ払い」のようなサービスを利用して、無駄な利息を払ったり、今いくら負債があるのか不明確になってしまいます。
この事態が一番最悪なのです。

この点からすると、意外にも現金主義の人は明確で、通帳にある額が全てでクレジット(借金)はありません。通帳の残高と財布(小口)を見るだけで把握できるのです。

ネットショップや旅行などクレジットカードが無いと不便な事は多いので、1枚は持つとして、メイン以外のクレジットカードを解約する事をお勧めします。
すると少なくとも、ある程度の使った額がすぐに調べられます。
限度額を20万円などにしておけば、使いすぎの予防にもなります。

もちろん、クレジットカードを使う時は一括払いだけ利用して、2回以上の支払いなど言語道断です。法人でないかぎり来月以降に負債を持ち越すのは、全くもって無意味です。住宅ローンや自動車ローン、学資ローン以外は全て一括払いで生活するのが前提です。

次に銀行口座を複数開設するのは、当面の生活費と貯金を分けることです。つまり、普通預金と定期預金を作るようなものです。
ただし定期預金はすぐに下ろせない割に利子が雀の涙なので、別の銀行に普通預金を開設すれば良いです。

例えば、みずほ銀行を普段の生活費(給与振り込み、家賃、水道光熱費、クレジット引き落とし)にして東京三菱UFJ銀行を貯金用にする。
などと分けましょう。そして貯金用の口座は入金専用にして、必ず毎月◯万円入れて絶対に引き出さないと覚悟を決めるのです。

貯金用は全くお金が存在しないものとして生活するのです。私は自動で10万円程入るようにしていますが、2年程して通帳を見ると200万円超えの残高があります。
一緒にしていくとズルズルと使ってしまったりしますが、完全に切り分けると案外簡単に貯金できるものです。

給与に余裕が無くても、1〜3万円など自分で定額を決めて必ず入れる習慣をつければ数年後にしっかり貯まっているものです。

給与に余裕のある人は、5万円を貯金用、3万円を投資用として合計8万円を3つの通帳で管理します。すると生活費と、投資用(株、為替など)、貯金用と完全に分かれます。投資用は自分の判断で好きに色々な投資をすれば良いのです。
ただし、レバレッジなどの信用取引は自己資金以上の損害を被る可能性があるので、自己資金(投資用通帳)の残高を超えないような取引をしましょう。