ビットコインやモナコインのbitFlyer手数料が高すぎる

Pocket

ビットコインの取扱所は様々ですが、中でも有名なのがビットフライヤー(bit Flyer)です。取扱量も多く頻繁に宣伝されていますが、実は手数料が非常に高いのが特徴です。

ログインしないと見れないようになっていますが、モナコインに到っては額面の1割以上も手数料で払うことになります。

取引所というのは、ユーザー同士が自由に価格を選び売買する仕組みで、手数料が1%になっています。

販売所はビットフライヤーが所有しているコインをユーザーに売ったり、買い取ったりする仕組みです。

ビットコインについては取引所が用意されているのですが、モナコインなどアルトコインには取引所が存在しません。
下の手数料表では、ありがたそうに「手数料 しばらく無料」などとユーザーを騙すような記述がありますが、交換レートの中に手数料がたっぷり含まれているわけです。

つまり、1モナを買うのに345円必要で、買って売却すると294円になる訳です。
34万円分買ったら、買った時点で29万円でしか売却できない訳です。

ここから儲かるには買った時点から10%以上も価値が上昇して、そこからやっと利益が出る訳です。こんなにバカバカしいことはありません。

モナコインの取引でZAIFを使えば、モナコインをユーザー同士で取引ができます。

驚きなのが、取引手数料が無料どころではなく、取引額に応じて0.1%のボーナスが獲得できます。
つまり300円で購入しても、その時点では、すぐに300円で売れる可能性も高く損が少ないです。30万円取引すれば300円の手数料をユーザーが貰えるのです。

アクセス過多だとサーバーが不安定になる事がありますが、ビットフライヤーと比べてザイフは遥かに良心的で手数料が安く、今からビットコインなどの仮想通貨を始める人にぴったりと言えます。