貧乏人とお金持ちの違い


お金持ちと貧乏人の違いは小さいようで大きいのです。

「お金持ちは知らないことがあれば調べる」
「貧乏人には知らいことがあっても調べない」

知らないことをすぐに調べるのは、新しいビジネス・チャンスを掴む近道です。一般的ではない方法で儲けてる人がいたら、その人の商法を調べたりします。

「お金持ちは本を読む」
「貧乏人は本を読まない」

これも良く言われることですが、常日頃から新しい知識を入れることは大切な事です。テレビでは得られるものがありません。

「お金持ちは運動する」
「貧乏人は運動しない」

安いアパートで貧乏暮らししている人は決まって運動しません。お金持ちは健康に対するリスクや、体型に対しても敏感です。

「お金持ちは朝早く起きる」
「貧乏人は遅く起きる」

これもプレジデントなどで良く特集されるネタです。
有名企業の会社役員の中には朝5時半に起きて、7時には会社のデスクでメールチェックしている人も居るようです。朝からジムに行くと答えた人も居ました。

「お金持ちはワインを飲む」
「貧乏人は発泡酒を飲む」

もちろん中にはお酒が苦手なお金持ちも居ますが、多くのお金持ちはワインを好んで飲みます。食事に合わせる事も多く、イベントや集まりで出る機会が多いと言えます。

「お金持ちは実行が早い」
「貧乏人はいつまで経ってもやらない」

お金持ちは、打ち合わせで決まったことや、友人同士の集まりで決めた事など、どんな事でも直ぐに実行します。貧乏人はずるずると先延ばしして、遊びさえもないがしろにします。

「お金持ちは良い服を着て髪型を気をつける」
「貧乏人は安い服を着て髪型は気にしない」

お金持ちは常日頃から人に会います。その為、相手に失礼の無い服装をしているのです。ブランド品は無駄と言っているのは貧乏人だけです。仕立ての良いシルエットの美しい服を着ずに先客と会うのがどれだけ大切か理解していません。重要な顧客と会う必要のない貧乏人はユニクロで十分なのです。

「お金持ちは家電に興味が無い」
「貧乏人は家電に興味がある」

お金持ちは家電量販店で一番良い商品を買うので、あまり家電に興味がありません。貧乏人はあれやこれや性能を比べたり、どの店が安いだ、どの商品が良いだと延々と語り続けます。

「お金持ちはクラシックやジャズを聴く」
「貧乏人はJ-POPやアイドル、アニソンを聞く」

お金持ちはお客さんに誘われてクラシックのコンサートやジャズバーのライブに招待されたりします。また、ホテルでグランドピアノ演奏の中でディナーをしたり、ディナーオペラに行くこともあります。生の楽器の音がいかに美しいか理解しています。一方、貧乏人はテレビでやっているうな低俗で大衆向けの音楽を聞きます。ネット上で群がりアーティストの言動で一喜一憂するのです。

「お金持ちは一人で価値を判断する」
「貧乏人は群がって否定する」

お金持ちは自分一人で物事を判断します。その情報が正しいか正しくないか、無駄であれば無視します。貧乏人は群がって否定したりバッシングをします。週刊誌がそうであったように、昔から大衆というのはそうなのです。ツイッターは現代版の週刊誌と言えます。