年収1000万円はお金持ちでは無い?


お金持ちというと年収いくらをイメージしますか?
20代後半の平均年収が340万円と言われるので、1000万円の年収ならさぞお金持ちだろうと思います。
ところが、年収1000万円はお金もでないのです。

扶養控除無しの場合は、年収1000万円で手取りが約700万円だそうです。
月収58万円程度になります。
そこから家賃と食費、水道光熱費・ネットや携帯の通信料・生命保険料、飲み代などの交際費、車を持っていれば維持費・ガソリン代など考えると、意外と残りません。収入が上がるにつれて、交際費などかさむものです。仕事で忙しくて立て続けに外食に行ったりすると出費が多いいのです。

58万円のうち、20万円程繰越できたとしても年間で240万円。高級外車は新車で500〜1000万円+維持費が掛かるので、高級車1台買うのも難しいものです。

もし奥さんと子供が居れば扶養控除で税金は安くなりますが、養育費が驚くほどかさむのでより貯金をしなければなりません。子供を一人大学出すのに3千万円掛かるという話は良く聞きますよね。

つまり、生活が楽になってある程度自由に買い物するのであれば、年収1500万円程度は欲しいわけですね〜。すると手取りが1000万円になって、月々83万円入ります。コレくらいあると、割りと欲しいものは買えるかもしれませんね!

ところが裏ワザがあって、個人事業主や法人役員は年収が低くてもこっそり良い思いをしている訳です。業種にもよりますが、「家・マンション」「水道光熱費」「高級外車」「洋服」「食費・外食」「家電・パソコン」「旅費」「書籍・CD」の多くが会社の経費で落とすことができるのです!

つまり、年収を増やさなくても自分の会社に買って貰えばよいのです。そうすることによって所得税などを大幅に節税できます。たいてい、上記に上げたどれもビジネスに必要不可欠なものであったりするので、完璧なアリバイがあれば経費で出せるのです。

例えば仕事の事務所としてマンションを借りる。(住む場合は一部自費負担もする)
大型液晶テレビ。(マンションの備品)
お客さまを送迎するために高級外車を買う。(これもプライベートのガソリン代一部自費負担する)
外食代や飲み代(お客さまとの打ち合わせ)

などなど、税理士さんと相談しながら丁寧に購入してゆけば、色々な費用を経費で落とすことが可能です。一人で勝手に判断してずさんな経費管理すると、怖い人が来た時に大変な目に合うので注意が必要です。

そんな意味で、個人事業主や法人役員の人たちは年収がとても少ないのに、贅沢な生活をできる訳です。