お金持ちは何故iPhoneを選ぶのか


高級ホテルのロビーや空港の待合室などで富裕層がこぞってiPhoneを使ってる光景を見たことがあると思います。
ゴシップ誌にパパラッチされるセレブも全員と言っていいほどiPhoneを愛用していますよね。

一部のお金持ちのビジネスマンは会社から支給された特別なセキュリティの搭載されたブラックベリーを使うケースもありますが、日本では役員でもアイフォンですね。
何故お金持ちはiPhoneを選ぶのでしょうか。それには理由があります。

1.安定した性能

アイフォンに競合する、アンドロイドは数多くのメーカーが作っており、その種類は100種類以上あります。それに比べ、アイフォンは年に1回しか販売されないため、あらゆるアプリやソフトがアイフォンに最適化され易く安定性が向上します。

筆者もアンドロイドを持っているのですが、動くアプリと動かないアプリが激しく、タッチの反応やモーションが気に入らなかったりします。ところがメインで使っているiPhone5はダウンロードした全てのアプリが快適に動作します。

アンドロイドは100種類以上にも及ぶ機種やOSのバージョンに最適化されておらず、動かないアプリも多くストレスに繋がります。

2.操作がシンプル

iPhoneは全てのアプリにボタンの位置を強要しているため、どんなアプリでもすぐに使いこなす事ができます。
また、戻るボタンや、再生ボタンの位置なども決まっているのでストレスフリーで利用できます。

一方アンドロイドなどのスマートフォンの場合はアプリが自由にレイアウトされているために、アプリによって操作がまちまちでストレスを感じる場合があります。

3.ブランド価値

BMWやメルセデス・ベンツよりも、スバルや三菱のスポーツカーの方がスペック(性能)が高いです。
僅か300万円のスバル・インプレッサを選ぶだけで、BMWの1200万円に相当する性能があるのです。
もちろん燃費も良く、維持費も国産車は少ない、その上に全国に数多くディーラーがあります。

ところが、そういった全てのスペックを無視するようにお金持ちはBMWやメルセデス・ベンツなどの高級外車を選ぶのは何故でしょうか?

iPhoneと比べるとアンドロイドはクアッドコアや大容量メモリ、高画素数カメラなど機能的な部分が優れていると謳っていますが、実際には使いにくいユーザーインターフェースであったり、安定しないアプリ、電池消耗が激しかったりします。

車も同じで、ブランド品というのは無駄に高い事もありますが、ユーザーインターフェースが非常に優れており「快適に使う」という面ではとても優れている場合があります。つまり、お金持ちは快適に使いたいという理由で、素晴らしい体験を提供してくれることを保証しているアップルのiPhoneを選ぶ訳です。