靴で判断できるお金持ちの違い

Pocket

お金持ちの中でも、色々な種類の靴を履く人が居ます。
革靴・スニーカー・運動靴など
一概には言えませんが、それぞれどういった違いがあるのか紹介します。

革靴を履いている人。
これは社交的があるビジネスマンに多いです。人と合う時や仕事で、スーツを着たりジャケットを羽織る習慣のある人はプライベートでも革靴を履いていることが多いです。
メーカーは様々ですが、ベルルッティやジョンロブ、マグナーニ、サントーニなど高級紳士靴を履きこなします。冬場はツイードやスウェードを愛用している人も多いです。

スニーカーを履いている人。
これは新興ビジネス型のお金持ちです。社交界やスーツを着て人に合う文化の少ない人に多く見られます。IT関係で急にお金持ちになった人や、投資などの資産運用で急にお金持ちになった人なども含まれます。分かりやすいのは中国人セレブです。チノパンにポロシャツ、スニーカーを履きながらエルメスの旅行かばんを持ち、飛行機のファーストクラスに乗り込みます。

運動靴を履いている人。
これは現場で働く人が多いです。町工場で長らく下働きしていたのに事業が急成長してお金持ちになったケースなどです。仕立ての良いスーツを着ているのに、靴だけが運動靴であったりします。
田舎の人や地方の年配のお金持ちも運動靴でスーツを着る事が多いです。

このようにお金持ちの中でも、人によって普段履いている靴が異なります。
地方の名家などでは今でも軽衫袴や武者袴にわらじを履く和装のお金持ちもいると思います。美味しんぼの登場人物に出てきそうですね。

共通して言える事は、お金持ちの靴は綺麗であるということです。
特に革靴は美しい状態に保っている人ばかりです。スニーカーであってもまるで新品のように綺麗なものを中国人が履いています。人に合うときに靴が汚いというのは相手に失礼でもあるので、お金持ちになるには靴を磨くのが良いですね。