毎年15億円売る住宅営業マン


筆者の友人がある、ハウスメーカーで注文住宅を建てたのですが、その時に担当していたトップセールスが年間に40件近い売上を誇る営業マンでした。

筆者も一度同席して話をしたことがあるのですが、正直に思った印象は「どうしてこんな人が?」
もっと想像ではガツガツとしていて、私に全てお任せ下さい!といったテレビのCMに出てくるような男性を想像していたのですが、至って普通の態度の柔らかい男性です。

ただし、聞く所によると対応が非常に速く、少し気になって聞いた質問でさえ直ぐに調べて直ぐに連絡をくれます。超特急です。
また、足を運んでくる数がとても多いようで、「こんなのあります」といった具合に資料などを頻繁に持ってくるそうです。

また、あるときに友人が間取りの図面を書いて一度見て欲しいと深夜9時にメールした所、すぐに返事が帰ってきて、「申し訳ありません。現在、打ち合わせ中なので、12時からでしたら可能ですが?」と来て驚いたようです。

結局の深夜12時にスーツ姿の営業マンが来て、間取りの図面を見て貰ったようです。翌日はもちろん8時には出社しているようです。その営業マンは奥さんと子供に会うことがなかなか内容で、週に1度位は家族で食事をするそうですが、あまりのストイックな仕事ぶりに驚きます。
また、台風の中でも資料を起きにくることもあり、「悪天候こそ営業しろ!」という有名な法則を実践しています。

そういった、「即行動」と「柔軟な対応」を武器にして、何千万円もする商品の契約を次々に結んでいく訳ですね。

これとは違う話ですが、元々主婦であった女性が月収60万円以上もの収入を得ている話を聞いたことがあります。
彼女の周りの知人には、そんなに儲かって良いわよねー。っと嫌味を言われるようですが、フタを開けてみれば何のこと、人の3倍以上仕事しているだけでした。

朝6時に起きたら食事もせずに仕事、お昼は仕事仲間に弁当を買ってこさせて仕事、夜は家に帰らずに仕事、夜中は打ち合わせで外出。などなど、1年365日、毎日仕事をしていました、彼女は自分の行動で利益が出ることが楽しくて楽しくてたまらないようで、朝から晩まで仕事があまり苦痛ではないようでした。
人からお金持ちでいいわねと言われる時は決まってこういっているそうです。
「あなたにもできますよ」
特別な能力がなくとも、集中力と忍耐力があれば必ず成功できるそうです。

結局、今では彼女は独立して自分の会社を起こし、実力で新築の住宅を建ててしまったそうです。自分が居なくてもお金が回る体制を作ったようで、今では月に2,3日働いているだけで、お金が自動的に入ってきます。

今からお金持ちになるには、住宅営業マンのような「即行動」「柔軟な対応」、女性ビジネスウーマンのような「集中力」「忍耐力」が必要だと言えます。