ハワイはお金持ちでないと楽しめない理由


昔から芸能人やお金持ちが年末年始をハワイで過ごすイメージがありますね。
今ではHISなどの格安航空券やツアーで6万円で行くことができますが、実はこういった格安ツアーではハワイを楽しむことができません。

ホノルルは世界からリゾートを求めて多くの人が訪れるため、非常に物価が高いのです。スーパーやコンビニに入っても日本より多くお金が掛かります。
またワイキキショッピングプラザなどにあるお店は全て高級ブランドで、世界のブランドが出店しています。

また、格安ツアーなどのホテルはグレードが低く、日本のビジネスホテルのようでせっかくリゾートにきても雰囲気を楽しめないのです。
しばしテレビなどで特集される、ビーチ沿いにあるホテルなどは宿泊費が高く、一泊3万円〜10万円ほどします。
レストランやビーチのバーを利用すると更にお金が掛かり、少なくとも1日当たり5万円程度を用意しておかないと自由に行動できません。
コンドミニアムにはキッチンが付いていますが、調味料など揃えて現地のスーパーで材料を揃えると外食に近い金額が掛かることもあります。

もう一つお金がかかるのが、アクティビティです。
船を出してダイビングを楽しんだり、サーフィン、イルカを見に行く、飛行機からのスカイダイビングのなど、思いの他に費用が掛かります。

ハワイを十分に楽しむのには、オアフ島だけではもったいないです。
本当に綺麗なビーチや、ハワイ現地の人と触れ合って楽しんだり、自然の中を散策するには、マウイ島やカウアイ島、ハワイ島など色々な島を転々と旅行するのがベストです。
そういった島の移動には飛行機が必要になるので、2人また家族4人で行くと多くお金が必要になります。

そういった理由で、ハワイに行くには多めのお金を用意しなければいけないのです。
6万円で旅行に行けると思っても、テレビのような優雅なビーチに泊まって、海や山を十分に楽しむには1週間の旅行で1人50万円程度準備する必要があります。

また、成田空港からハワイまでは12時間前後掛かり、人によっては長時間フライトで腰が痛くなったり疲れが溜まってしまいます、そのためにビジネスクラスなど利用すると更にプラスで30万円程度の予算が必要になります。
片道3時間の台湾や韓国と違って、ハワイはお金が掛かるものなのです。