お金持ちがアメックス・ゴールドのクレジットカードを使う理由

Pocket

無料で利用できるゴールドカードが多いですが、未だ尚「アメリカン・エキスプレスのゴールドカード」を選ぶお金持ちが居ます。

イオンカードのゴールドであれば入会金なし、年会費無料で利用できます。ショッピングモールで紺色のカードを無料で作り、年間100万程度カードを利用していると貰えるものです。

筆者も一時期クレジットカードに興味がないときに利用していましたが、アメックスに切り替えてから「何て損をしていたんだ!」と気づくことになりました。

ポイントの利率が良く、航空会社系マイルに変えれる

イオンカードは、イオン系列で使える商品券に交換できますが、ポイントの利率が悪く0.5%しかつきません。100万円利用してやっと5000円の商品券です。

2006年ころまでは、ときめきポイント5倍という物があり、毎月指定の日がポイント5倍付きました。こうなると中々に利率が良く実質2.5%ものポイントが付きますが、全ての支払をその日に合わせられるということはなく、偶然その日の決済のポイントが高いという程度でした。
また更には現在ではポイント5倍も無くなり、ポイントレートの悪いカードと言えます。

アメックスの場合はポイントが1%付与されて、クレジット請求の支払いにも利用できるのが特徴です。つまり、クレジットカードでの買い物が実質1%オフと言えます。また航空会社系のマイルへの移行レートが良いのも魅力的です。

イオンカードであればJALにマイレージに移行できますがレートが悪く、イオンカード2ポイントがJALマイレージ1ポイントになります。(イオンカードからANAは不可能です。)
この移行レートは多くのクレジットカード会社が採用しており、アメックスやダイナーズ、航空会社系クレジットカードでなければ、マイルが100円で1マイル貯まる事はありません。

お金持ちでも航空会社のマイルを貯めている人は多く、10万ポイント程度貯めるだけでヨーロッパをファーストクラスで往復できるので、定価500万円近い航空券を10万ポイントで利用できるのです。
本当のお金持ちであれば、500万円位の航空券などケチったりしないのでしょうが、年収1000〜2000万円程度の人であればファーストクラスに何度も乗るには厳しいものなのでマイルがお得に感じる一因となっているようです。

ポイントレートだけでは言えない

アメックスがポイント1%で凄く良いという話をしましたが、カカクコムのクレジットカード比較などで見ると、漢方スタイルカードやREXカードなど一部のクレジットカードは1.5%〜1.7%近い高利率のポイントレートが適応されるそうです。

ただ、クレジットカードカードの限度枠が低く月間50万円程度の枠では全く足りないと言えます。50万円程度の利用額では月に7500円程度のキャッシュバックに相当なので、レートの影響は少ないですね。
アメックスの利用者には月間の利用額が200〜300万円の人はザラにいるので、そういった高額決済でも安心して利用できるのが魅力と言えますね。
筆者も会社の経費などをアメックス・ビジネスゴールドで落とす事があるのですが、月間200万近くなる事もあります。

年間1億円以上利用するような”大金持ち”であれば、アメリカン・エキスプレスでなく上位のセンチュリオンカードを選ぶかもしれませんが、そこまでお金持ちの方とは知り合いでないので、年収1000〜2000万円程度のお金持ちの話として進めたいと思います。

海外旅行に数回行くだけで年会費が回収できる

お金持ちは年末年始など、家族で海外旅行に行く家庭が多いですがアメックスを所有していると別途で旅行保険に加入する必要がなくなります。

旅行保険というのは、海外旅行中に怪我や事故・病気に掛かってしまった時に補償してくれるというものです。海外で病院を利用すると日本のように保険証が利用できないので何十万円から何百万円と超高額な請求が来るので、必ず旅行保険に加入するのが大切です。

アメックスはカードホルダー(所有者)に対して自動的に旅行保険を付帯させてくれるもので、持っているだけで効力を発揮します。他のカード会社のゴールドカードにも旅行保険が付いているのもは多いですが、「旅行の代金をそのカードで支払った場合に限る。」などの制約が掛かっている事があり完全に安心とは言い切れません。

また、病院や怪我以外にも「賠償責任保険」や「携行品損害保険金」といって、「人の物を壊してしまった」場合や「カメラやバッグなど手荷物が盗まれてしまった」場合にも保険金が支払われます。

あまり知られて居なくて、とても便利なのが、航空便遅延費用補償といって、飛行機の到着が遅れた場合の食事費用や宿泊費用。預けた荷物がすぐに受け取れなかったり、失くなった場合の補償も受けられます。

海外に良く行く方ならご存知と思いますが、海外便ではロストバゲージといって預けた荷物が失くなる事が頻繁に発生します。エコノミークラスだけでなく、ビジネスクラスを利用しても荷物が失くなるケースがあるので、こういった保険はあると心強く便利と言えます。

ちなみに旅行保険を空港などで加入した場合はヨーロッパ旅行7日間・家族4人で1万円程度掛かります。

紛失の再発行が非常に早い

またクレジットカードを紛失したときの再発行は業界でも最も早い1日〜2日程度で、滞在先のホテルに届けてもらう事もできます。
過去に筆者の家族が海外でクレジットカードを紛失した時に、楽天カードを再発行依頼した時に、「1週間〜10日程度でご自宅にお届けします。」と言われたそうです。

海外旅行に言っていて一番クレジットカードが必要な時に、日本の自宅に1週間後に届けられても全く意味がありませんね…。
それを考えると紛失した翌日にはホテルで受け取れるアメックスは助かりますね。

他にも海外旅行滞在中に困ったときに、レストランの予約やツアーの予約、病院の案内など日本語で対応してくれる専用のデスクが用意されていて、買い物中に困った場合は電話で簡単な日本語通訳してくれるという手厚いサポートまであります。
普段は利用することはありませんが、万が一交通事故や警察が出るような自体になった場合に心強いサポートと言えます。

ちなみに海外旅行だけでなく国内旅行での怪我や事故なども補償してくれるそうです。
他にもショッピングセーフティといって、クレジットカードで購入した商品が90日以内に故障した場合でも保険金を出してくれるようです。
1名様年間最高500万円ということなので、300万円のパテックフィリップを落として壊しても安心ですね。笑
ただ宝飾品が対象かは調べて無いので分かりませんが…。多くのものは対象になるようです。

まとめ

ポイントのレートが有利
航空会社マイルに強い
海外旅行・国内旅行にとても便利

ということで、お金持ちがアメックス・ゴールドカードを使っているようです。
ヒルトンなどに泊まるとアメックス・プラチナカードを使っている人も何人か見かけた事があるので、プラチナカードも人気のようですが、年会費が15万円するのでちょと迷ってしまいますね。

プラチナカードの場合は無料宿泊券やプラチナコンシェルジュなどが付いてくるようで相応の価値があるようです。まだまだお金持ちには遠いので、もうちょっと稼いだら作ってみたいですねー。