お金で困らない為に、子供を持ったら必ずする事

Pocket

子供の些細な失敗によって、考えもしないような請求がくる場合があります。
近年では厳しいしつけをする家庭が少なく、子供が好奇心だけで動いてしまう事が多いです。

よく聞く話が、子供が駐車場で遊んでいたら他人の車を傷つけてしまったというケースです。
「子供がしたことなんだから知らない。そのくらい許してあげなさい」
こんな無責任な親が多いですが、他人の車を傷つると法的にも親が賠償する義務が生じます。
落ちている小石で高級車をざ〜っとやってしまうと、それだけで50万円以上の請求が来る事もあるのです。

子供というのは常に見ておける訳でないですし、ほんの短い時間でも好奇心だけで他人に被害を及ばせてしまう事もあります。

他のケースでは、公園で友達と遊んでいる時に面白半分で友達に怪我を負わせてしまうことなどがあります。
相手の親が「子供どうしでしたことだから」と済ませてくれる事もありますが、親同士の付き合いがない場合は厳しく追及され、治療費など請求される場合もあります。

また、ショッピングモールでお店の商品(ガラスなど)を子供が手にとって壊してしまう事なども十分に考えられます。

そういった時に必ず入っていた方が良いのが「個人賠償責任保険」です。
最初に話した自転車の事故に備える「自転車保険」といったものもありますが、基本的には、この個人賠償責任保険が主体に成り、通院の費用などが加算された保険です。

個人賠償責任保険というのは自動車保険やクレジットカードに「自己申請」で付帯されれる保険です。
基本的には加入されておらず、自分から申請することによって年間1000円〜5000円程度で付帯できます。
住宅の火災保険などにも用意がある場合があるので、自身が既に加入している保険証書を確認して既に加入しているかどうか確認しましょう。

そしていずれの保険にも付帯されていない場合は、どれか一つの保険に対して個人賠償責任保険を付帯させると良いです。
重複して加入しても、実際に使えるのは一つだけですので保険料を無駄にしないためにも1つだけ付帯させれば十分です。

特に子供が乗った自転車による事故で、相手に怪我を負わせてしまった場合、最大1億円近い賠償請求をされてしまうことがあります。
ほんの自転車の事故だけで家族の一生が変わってしまわないように、必ず保険には加入しましょう。