お金持ちに見下されない方法

Pocket

お金持ちに見下されない方法。
話す前から相手に見下されないようにするには、「服装と靴」「姿勢」を気をつければ良いのです。
手軽に服装を何とかしたければ、近くのブリオーニの正規店に言って揃えて下さい。

なんてのは無理がありますね。
高級既製服のブリオーニでスーツとシャツ、靴を揃えれば絶対に100万円では足りません。何しろワイシャツだけで6万円〜10万円するのですから。

だからと言ってキートンに行っても、似たような金額が掛かりますし、新宿伊勢丹のメンズに行ってチェザレアットリーニを買っても80万円位はしてしまいます。

そこで、比較的安く服装を何とかする方法は、パターンオーダーです。
新宿伊勢丹メンズで中堅生地を選んで、パターンオーダーすれば一流サルトリアやビスポークの流行のシルエットを得ることができます。
硬派なビジネスマンの印象を出したい場合はブリティッシュな装いでビスポークをオーダーして、軽快で陽気な印象を出したいのであればス・ミズーラでイタリアンな印象を出せば良いのです。
予算も比較的少なくすみ、スーツの上下で20〜30万円程です。

そこに、マグナーニなどの5万円程の靴を合わせれば完璧です。ブリティッシュの場合はベルルッティ…は手に届かないので、トリッカーズなどの中堅の靴を選べば良いですね。
シャツはフライとは言わなくてもビームスFに売っているエリコフォルミコラのシャツで良いですね。それなら全体で40万円程度で見下されないような、対等にビジネスの話をできる衣装になります。

もし、ほとんど予算がない場合は、今度は町中にある寂れたようなオーダースーツと書いてある紳士服屋(仕立屋)に行きます。
大概小さいお店でおじいさんが一人で切り盛りしていますが、新しい生地がだらりと店内に飾ってあります。
そこでダンヒルクラスのちょっと高級な生地でお仕立てしてもらえば良いのです。
少しタイトな作りで、ウエストを絞る方が今どきっぽくて良いですね。

価格はダンヒルやランバンクラスで12万円程、国産の生地を選べば7万円程度でも作れたりします。このように町中の仕立屋でも、身体にぴったりあったスーツを見繕ってもらえば、お金持ちの前に座っても恥ずかしくない装いになります。
そのにリーガルなりスコッチグレインなり、国産の本革靴(1〜2万円)を合わせてピカピカに靴を磨いた状態で登場すれば良いのです。

イタリアなど厳密には、使用感のある靴の先っぽだけを磨いて伊達を演出するなど、細かい技がありますが、日本であれば全体をピカピカに磨いておいてまず間違いありません。
あとは胸ポケットにチーフを刺すのを忘れずに、初心者のうちは四角く折って刺せば良いです。

その上で姿勢をぴしっと但し、顎を引いてスマートに会話できればOKです。
あまりガチガチだと相手にバレてしまうので、お金持ちに合う当日だけでなく、何度か普段から来てホテルなどで喫茶すると良いですね。

ホテルに似合う美しい装い。フレンチも会員制サロンも怖くありません。
これであなたもお金持ちの仲間入りですね!