お金持ちはカメラや家電製品に興味が無い

Pocket

週末のビックカメラ、ヨドバシカメラ、コジマ電気、多くの人でごった返しますね。

残念ながらこの中にお金持ちはあまり居ません。
お金持ちはカメラやオーディオ機器、大型テレビなど家電製品にあまり興味がないのです。

お金持ちは欲しい家電製品の一番良い物をすぐに買ってしまうので、何週間も悩んだり、性能の差を比べたりしません。
iPhoneが欲しい、と思えばiPhone6 Plus の128GBを直ぐに買って、欲しいアプリもバンバン入れて、お洒落なスマホケースも買って帰ります。

所がお金が無い人だと、アンドロイドは同じスペックで〜だ、アイフォンは値下がりが〜、後◯ヶ月で新型が出る、値引きが始まる、カメラの画素数が、電池が〜、中古なら◯円。

などと、買わない理由をグタグタと並べて、挙句にアイフォンが欲しいのに、予算の関係で別のメーカーのスマートフォンを買ってしまったりします。

週末に家電量販店行くと常に、気持ちの悪い家電製品マニアがうようよしています。アイフォンと同じようにカメラオタクやオーディオオタクなど、家電量販店でコレかコレかと、ずーっとベタベタ触ったり、カタログを見たり、別の店舗に行ったりと繰り返しています。

私の知っているお金持ちは、贔屓のオーディオ専門店と付き合いがあり、試聴する時は機材を自宅に持ってこさせます。
それで良ければ買い、気に入らなければ別の商品を自宅に持ってこさせます。
騒音でセッティングもクソもない家電量販店でオーディオ機器を選ぶのは信じられないそうです。
自宅に置くのだから、自宅で試聴するのが一番良い、と彼は常に言って居ます。

カメラについても同じです。
知人のプロカメラマンはカメラについてあまり興味がありません。
何故なら、NPSニコン・プロフェッショナル・サービスで最上級機を常に選び、サブカメラに少し下のグレードを選びます。
そして最高級のレンズを全ての画角で選ぶので、必要な物が完全に揃っている状態です。
なので、週末に家電量販店に行く必要が無いのです。

高級マンションに住んでいる奥さんの例だと、家電とは関係の無い百貨店の外商担当を呼んで、提携しているお店から家電を持ってこさせるようです。
電話一本で、自宅に家電が届けば定価で販売されても良いそうです。
他にもアメックス・プラチナカードのコンシェルジュか何かで揃えるようなケースもあるようです。

つまり、多くのお金持ちが家に居ながらにして家電を揃えたり、限られた展示会などで家電を購入しています。
そして、常に最高級品や、メーカーの中で最も良い商品を選んでいるので、家電に対しての興味がほとんど無いのです。

メーカーの中で最高級という事は、その中で最も優れている商品ですので、それを買えば済んでしまうのです。
これはiPhone6 Plus 128GBをサクッと買って済ませるケースに似ていますね。
大きくて不便なら、小さいサイズの方を買い増しすれば済むのです。