貧しい国への募金・寄付は意味がない


「アフリカの恵まれない子どもたちへ募金を…」

Yahooの広告などでも頻繁に貧しい黒人の子供の写真などが移しだされますね。
「一口3千円〜、毎月口座振替でお支払いできます。」などと金を搾取するNPOも居ます。

はっきり言って貧しい国への寄付なんて、な〜んも意味が無いです。
すでに30年以上まえからアフリカが貧しいといって寄付を続けているに未だなぜ貧しいのでしょうか?
その現地に住む人達が、やる気が無いからです。学ぶ気もなければ、働く気もない、極東から金が来るからそれで好き勝手して、子供をポンポン作って捨てるのです。

日本人の優秀な人達はどうでしょうか?おばかな人ばかり、ポンポン子供を作って貧乏子沢山で、優秀な人は慎重になりすぎて子供を1〜2人しか作らなかったり、最悪では子供を作らないというケースも有ります。

貧しい国の人たちは、「自分が今産んでも育てる事ができない」と理解せずに快楽だけでエッチして子供をポンポン生むのです。
それを写真撮って同情を誘い、極東の24時間働いて地下鉄で移動する人たちからお金を集めるのです。

避妊もしなければ、どんどん不幸な子供が増える一方です。
寄付なんてのは、おおよそ自己満足なだけであって根本改善には至りません。

お金を集めるなら、集めた金を貧乏な人に渡すのではなく、雇用の機会を作るべきでしょう。貧しい国へ仕事を与える、これが重要です。
教育が〜などと言って寄付をせがみますが、これもちゃんちゃらおかしい話です。
教育というのは、その国がすべきなのです。これでは内政干渉。
日本人の寄付を集めて、北朝鮮に小学校を作る。おかしいでしょ?
まずは日本人の恵まれない子供を何とかするのが先決でしょ。

さらには募金活動もまーったく意味のない行為です。
しばしボーイスカウト隊を使って駅前で、募金お願いしまーす。と子供を使った集金活動を行っていますが、何も意味が無い。一時間でいくら集まるのでしょうか?

それよりも、「仮に募金するのであれば」、子供達に創作活動をさせて、その販売収益を寄付すれば良い事です。
高校生・大学生が10人以上ならんで募金活動している光景も目撃しますが、あれも無駄ですね。シンプルに居酒屋のアルバイトで時給1000円貰えるわけですから、ボランティアが全員働けば1時間当たり1万円以上、5時間ボランティア活動したとすれば、全員のアルバイト代5万円。
誰にも寄付でお金を貰うこと無く、5万円募金できる訳です。
あんな駅前で、お願いしまーす。なんて口だけで言っても、せいぜい数百円〜千円行くか行かないかです。

生産性の無い、ちゃんちゃら意味が無い行為ばかりですね。

むしろNPO法人を立ち上げて、「ボランティア」を口実に甘い蜜を吸っている人がおーーぜい居ることを知った方が良いです。
NPO法人は余剰金を構成員に分配こそしないもの、経費は認められているので給料を丸々もらって、経費でパソコンや車でも買うことができるのです。
物資の調達で、購入先から「何か」を貰ってもおかしい話ではありません。
不当に高いものかどうか監査なんて誰もしないわけですから。

私やあなたに出来る事があるとすれば、「自分が幸せになる事」か「身の回りの誰かを幸せにする事」位ですよ。

もし、私の言っている事がおかしい、気に入らない!というのであれば、起業してがっつり儲かって、その多額の資金で恵まれない国の人達を何とかして下さい。