開業医は儲かり、お金持ちだけど時間が無い?

Pocket

病院勤務の医師と開業医の給料に大きな差があるというエッセイを雑誌で読んだ事があります。

内容はこんな感じでした、勤務医の場合は平均年収が1500万円程度、開業医の場合は2500万円程度。
一般的なサラリーマンからしたら、どちらも驚くほど高給取りと言えますね。

私は節税の為に給料を抑えめにしているので、手取りで毎年1000万円〜2000万円もあったらかなり裕福で羨ましいと思います。

ただし、実際に病院に言って思うのが「大変そうだな」という一言です。
私は医学の知識など一切ないですし、高卒の商人ですので頭も悪いです。
とても権威のある大学や大学院を出て、勤務医をえて開業医をしているにも関わらず、拘束時間は恐ろしく長いのです。

毎週、月曜日〜土曜日まで朝9時から午後5時など診療している診療所が多いです。
その間は必ず診療所にいて患者を見なければいけません。
病院の中では本当に医師を必要としている人はごく僅かで、暇を持て余した老人が遊び代わりに通院しています。

以前病院で驚く光景を見たのですが、ある70〜80歳の婆さんが、来る患者来る患者、次々と挨拶をしているのです。
「ああ、こんにちは〜、今日は寒いですね」
といった具合で、知り合いばかりに会うわけです。
そこからは老人ホームかの如く長時間話し続けて呼ばれる番を待ちます。
さらには受付の事務員から「お薬は全て飲んでますか?」と聞かれると、「あるある。まだ、ぜーーんぶあるよ。だからいらないよ」と答えています。

私ならこんな婆さん達を毎日相手にするのは、到底ムリで考えられません。
まず週に6日も働くのなんて無理です。
法人オーナーであれば、会社に自室を持ち、ある程度好き勝手できますが開業医はそうはいかないわけです。
2500万円あってホクホクなのは医師の奥様だけですね!
お金はあれど使う時間が無いのです。何ヶ月かの海外旅行なんて夢のまた夢という訳です。
週6日も可愛い女の子と会う仕事ならまだしも、態度もでかい汚いばばあを相手にするなんてのは本当に開業医は尊敬します。

これなら、年収1000万円程度で自分の自由が効く仕事の方が幸せと言えますね。
もちろん経費が自由に使える仕事であれば、実質年収2000万円以上にすることは可能です。業務で車を使う場合は高級車でさえ会社の経費で買えるわけですから。

ところで最近、料理中に軽い出血を伴う怪我をしてしまい、5年ぶりに病院に行くことになり、近所の総合病院を訪れたのですが初見は断っているらしく、別の個人医院を紹介されました。
そこに行くと受付で色々カルテを記入して、無駄に診察する婆さんが終わるのを待つわけです。

たらい回しも入れると、その間は4時間程。出血直後にキズパワーパッドで自分で貼り付けて処置したのですが、医師は「せっかく貼ったからこのままで良いよ」と診察終了。

うーん、総合病院は救急車で搬入以外は外来に否定的で、個人医院は婆さんを待つことになる。出血がひどかったら、あっさりと救急車を呼ぶほうが良いですね!日本では。
でないと、血が出たまま病院のベンチに腰掛けて呼ばれるのを待たなければなりませんから。笑
また軽い怪我の場合は自分で処置を行うのがベストですね。糞病院の仕組みは役に立ちませんから。

年齢が若い、もしくは出血の有無などで診察の順番を前後させた方が良いのでは?と思いますね。笑

という訳で病院は嫌いです。