儲かりたければ女の子になれ


何のことやら、って思いますか?

うーん、そろそろノウハウ出し惜しみしたい気分です。
有料にしても仕方無いのだけどねー。
もしお読みの方で、役に立った記事があれば是非ともシェアして下さいね。
アクセス数が励みになります。

ええと、タイトルの「儲かりたければ女の子になれ」これはお金持ちになる方法でビジネスをするに当たって重要な事です。
あまり人に教えたくないです。

どういう意味かと言えば、今お読みの方が男性の場合は、何歳であろうと女の子になれ、という事です。
女の子や女性が何が好きか知っていますか?
何が流行していて、どんな物が好きで、週末は何をするか知っていますか?

世界の人口のざっくり半分は女性な訳です。
その非常に大きな対象を大切にする事が、仕事の成功につながるのです。
ビジネスをがっつり行う男性の中では、消費者として女性の存在を無視する事も多いですが、男性だけをターゲットにすると、せっかく大きな利益を生む機会を逃してしまいます。

ざっくり思いついた例を上げると、ガソリンスタンド。
ガソリンスタンドは男性しか使わないイメージがありますが、女性のお客さんも毎日数多く来ます。
20代の女の子にとっては、「トイレがとても綺麗で店内が明るい」という理由だけでリピーターになる可能性があります。男にとっては、1リッター当たりのガソリン代が安ければそれで良いですよね?
では、店内に女の子が興味がある商品が売られていたらどうでしょう?
せっかくガソリンスタンドに頻繁にくる女性のお客様をみすみす逃してしまっていますね。

他にも小売店は全般的に言えます。
店内のちょっとした装飾品やサービスが、単価の増加やリピーターにつながるのです。
また、何が”可愛い”かしっかり研究が必要になります。

しばしオジサンが、「女なんてこういうぬいぐるみが喜ぶんだよ!」といって勘違いのキモい古いぬいぐるみをお店に置いたりしますが、まったく見当外れだったりしますね。
お金持ちになりたい男性こそ、女性向けファッション雑誌を買って、女子高生向け雑誌も買って、パルコやマルイなどレディースコーナーを見て研究すべきです。
フランフランで女性は何を可愛い!と思うのか、ではローラアシュレイは年齢がどれくらい違うのか、商品の傾向がどう違うのか。
身近な場所で流行しているカフェやケーキ屋さんは内装やサービスはどうなのか。

こういった事を日頃から十分に研究しておくと、仕事をしている時にふと気づきます。
40代の女性の来客が目立つから◯◯◯を◯◯◯した方が良い。
生産するついでに、女子高生の間で流行している◯◯を作ってツイッターでプロモーションしよう。JKモデルの◯◯を起用して若年層にアプローチしよう。など

なぜ私がこう思ったか、それはある大きなチェーンの雑貨屋に行った時です。
そこの雑貨屋には喫茶店が併設されており、買い物の後に紅茶を飲んでいると、スーツのオジサン達がぞろぞろと入ってきました。6人位です。

なんだか場に合わないおっさん達だなぁー、と見ていたら、注文もしていないにも関わらずアイスコーヒーが人数分運ばれて来て。
「ええー、西の方の◯◯◯(競合店)の展開が〜・・・」
といった具合に、チェーン店雑貨屋の上層部が視察+打ち合わせに来ていたという事に気づきました。
その中で、ひと通りの話が終わると「ここの喫茶スペースをもっと左にレイアウトして、つるさげている観葉植物を増やして、可愛い感じに…。家具は白で塗りなおして」などと、50歳前後のオジサン達が、全員で”可愛い”を作り出す所を目撃してしまいました。

これにはぶったまげました。そうぞうでは、20〜30代のお洒落風OL社員が、アイデアを出していると思ったので、まさかオジサン達が流行の雑貨屋を作っているとは夢にも思わなかったのです。

つまりビジネスで成功したければ、自分の心を女の子にしなければいけません。
そうする事によって、男性・女性、両方をターゲットに展開できます。
これは非常に有利な事です。(あまり教えたくなかったですが…)

一時期、キッズスペースを作るお店が増えましたが、これは女性の目線や、ターゲットである家族を大切に考えた結果と言えますよね。
このように自分が対象にするターゲットがどのような属性で何を望んでいるのか明確にして、それにあったサービスをする必要があります。

役に立ったらシェアして下さいねー(笑)