貧乏人がサラ金で借りる


テレビでも頻繁にCMを行っており、あたかも皆使っているよ!と言わんばかりの金融

あまり悪くいうと「いつの間にかサイトの管理人(私)が消えてる!」なんて事になりかねないので、名前を上げようとは思いませんが、どんな会社があるか分かりますよね。

なぜサラ金が悪いのでしょうか、それは借りる側にあります。
サラ金で借りる額というのは一般的には数万円〜100万円程度が多いですが、わずかその程度のお金でさえ借りなければ困るという状態がまずいのです。

10万円必要…。でも借りなきゃ!というのは、自分の通帳に全く入っていないという状態です。
その状態で借りるというのは、返済のめどが立たないという事です。

借りている期間はイメージでいうと通帳がマイナス10万円の状態ですよね?
そこから、また他にも生活費など出費が重なるのです。
さらには利息も掛かってゆきます。
収支の合計がマイナスにもなっているにも関わらず、借り入れするのに問題があります。

そのため、そうならないために、自分の「不動の口座」を一つ作って100万円程なんとか貯金しておきましょう。
ピンチの時がきたら、その自分の口座から決めた額を引き出し、何とか数ヶ月中にその口座に戻すのです。必ず決まった額を入れておきましょう。
貯金の通帳は別に作れば良いです。

ピンチの時用の口座というのを用意すればサラ金を利用せずに、誰にも迷惑を掛けずにクレジットヒストリーを汚すこと無く(自分から)借りる事ができるのです。

お財布にも同じように常日頃から1万円入れておきましょう。
特に財布の裏側など、出しにくい所に入れて普段は使わないようにしましょう。
ピンチの時、急な出費や急に人と会って食事に行った時など使う事ができますが、帰ったらすぐに補填しましょう。
そうする事によって、急な自体に対応できるのです。

誰か昔の大切な恩人にあった時に、今からお茶行くのにちょっとコンビニでお金おろしてきます!って自体に陥らずにすみます。
また、支払い時に、お金ない!って恥ずかしい思いをせずにすみます。

同じように通帳にも、自分金融通帳を作っておけば、ピンチの時に自分に助けられる訳です。