新車のポルシェ乗りはマジで金持ち


羽振りの良さ、本当に憧れますね!

BMWオーナーになって3台乗り継いできましたが、普通のBMWオーナーはポルシェのディーラーに冷やかしに行くのはオススメできません。

新車のポルシェ乗りは本当にお金持ちだからです。
私のようななんちゃってお金持ちはBMWで我慢した方が良いです。

ポルシェオーナーの知人からこんな話を聞いたことがあります。
「ディーラー行くと営業マンが嘆いてるんだよなー。マカン?あれが出てから客層が酷くて」

詳しく話を聞くと、新車価格が700万円程度のSUVマカンが発売されてから客層が悪化したという事でした。以前まではSUVといえばカイエンが一番安いグレードでも900万近くしました。
所がマカンが出てからは、レクサスに乗っているような人達がディーラーに押し寄せてくるらしいです。

「別にお客さんが増えるなら良いのでは?」
と彼に尋ねると、
「所が、レクサスで乗り付けてくる客は、マカンの見積もりを出して”ここから幾ら引けるの?”と値引きを強要するらしい。他にも車検はいくら掛かって、整備はいくら、って事細かく掛かるお金を聞いてくるらしい」
なるほど、私も経験があってBMWであれば在庫の新車は10万円〜50万円程度値引きできる事も多く、輸入車と云えど値引き交渉をする。
所がポルシェのディーラーというのは、値引きをするような輩は初めからお断りというスタンスらしい。

確かに今まで「911ターボSが欲しい」と訪れた客は、フェラーリ買えるにも関わらずポーンと2500万円支払う訳で、多くはその経済力を持った客が中心な訳です。
安い!と言われる一番ベースグレードのボクスターでも600万円。
一方、私が乗っているBMWに関しては299万円からある。
一番売れる3シリーズでさえ、500万円を切るんです。

つまりポルシェに行って買い物するお客さんは本当のお金持ちで、値引き云々言う人は相手にしていないという事なんです。

他にもこんな話を聞いたことがあります。
ある貧乏人が買取専門店で格安のポルシェを買って来て、ディーラーに整備で入庫したらしいのですが、その時にディーラーに人に「ライトがくすんでる」と言ったそうです。
整備を終えてポルシェを受け取ると、何とびっくり、ただでさえ超高額な整備代金に加え、ヘッドライトのアッセンブリー交換費用50万円が追加されていたらしいです。

ディーラーで買っていないポルシェは整備代金の融通などまず無いでしょうから、その合計金額は恐れ多いですね!
その点、BMW、アウディ、ベンツであれば、ライト交換前に「3万円で磨きましょうか?」と聞いてくれますね。
やっぱり、ベンツは勝手に買えるかもしれません。笑

まあ、いずれにせよポルシェ乗りというのは、びっくりする位お金持ちなんですね!