人生の難易度というのは程よく設定されている

Pocket

日本に生まれ育ち実感します。

もし貴方が目が見えて、耳が聞こえ、両手が動き、自分で歩く事ができるなら人生の難易度は適切と言えます。
もちろんハードモードでプレイしている人も居ますが、この時代の日本に生まれた時点で難しいという事は少ないです。

カースト制度のように生まれながら身分で差別されることも無いし、歩いていて突然刀で切り捨てされることもないですね。
日本の人口の内、無差別で殺されたり飢餓で死ぬ割合は100万分の一です。

悪い世の中に見えても意外にもフェアに成り立っているのが今の日本と言えます。
10代の内に努力して勉強に励めば良い大学に行き大手企業に就職できます。
20代でも特殊な技能があれば起業やお金を稼ぐことができます。
30代でも40代でも独立や勉強が出来るという、成功のチャンスが多く用意されているという中々優しい世の中だと思います。

また、勉強が全くできなくても技能がありお金を稼げれば世間が認めてくれるというのも有難いですね。物を作るのや売ることが得意であったり、新しいアイデアを形にできたり、音楽演奏が上手であったり、運動ができるなど、勉強以外でも世間に認められます。顔が悪くてブサイクであっても、これらが十分満たされるとモテてしまうのが面白い所です。

不満を嘆き、クソな世の中だ!とニュースに向かって言っているのは自分で自分を決めているに過ぎないのです。一日20時間仕事をしたり、勉強をしたり、努力を怠っているだけです。どんな人間でも、1年間死ぬ気で努力をすれば世間様が認めてくれるような状況に持ち込む事ができます。

今、現時点で負け組なのであれば、自分はどの土俵で勝負できるのか、どの分野なら勝算があるのか考えて実行に移すまでです。