プロントは長期スパンで成功するビジネスモデル

Pocket

カフェ&バーのプロントは新しいビジネスモデルだと言えます。

個人的にプロントは好きです。大人が一人でコーヒーを飲んで少し食事をしたい時に非常に便利です。

まず立地が良く、駅から徒歩圏内や主要施設の近くにあります。
それでいながら千円少しあればパスタとアイスコーヒーが飲めます。
店内のインテリアなどもこだわりがあり、照明が少し暗く落ち着いた雰囲気を演出しています。

昼はカフェ&ランチ、夜はバー&レストランというオールタイムを実現している所が既存の店舗とは異なる所です。
また甘いメニューやサンドイッチもありカフェ利用だけでも良いのですが、生パスタを始めとしたお腹が減った時にしっかり食べたい場合でも満足します。
こうした幅広い顧客を対象にしつつも、座席やテーブルの間隔をなるべく広く取っているのが好感を持てます。
1日の中で店舗を開けて稼働させている時間が長いので回転率が少し低くても採算が取れるのだと思います。
アルコールのメニューもショットバーのように本格的なので夜ふらりと立ち寄れるスタイルも人気の一つなのだと思います。

スターバックスやブルーボトルなどプレミアムコーヒーを全面に出していますが、本質的なサービスの向上に至っていません。
顧客の好奇心をくすぐる新製品を矢継ぎ早にリリースしているだけで、自転車操業状態です。ホテルのラウンジのような普遍的でありながら顧客が本当に求めているサービスを簡略化してカフェというスタイルでサービスするというのは一見地味ですが、これから長いスパンでみると大切なマーケティングと言えます。