子供のお小遣い、お金の教育をどうするか

Pocket

小さいころからお金を使う事を慣れると金銭感覚がおかしくなる。

なんて風に言われますが本当でしょうか?
ヤフー知恵袋などの質問に答えるサイトでは、小学生高学年の子供は月に1000円。
中学生で2千円、高校生で3千円〜5千円。などと答えている方が多いです。

本当に子供に多くお金を持たせると金銭感覚が麻痺しておかしくなるのでしょうか?
私はそうは思いません。
小学生高学年で3千円、中学生で5千円〜1万円、高校生で1〜3万円でも全く問題ないと思います。

何しろ高校卒業後に就職して働き出す人も居る世の中です。20歳の時には月収15万円〜20万円貰う人も居るのです。
このギャップはどうでしょうか?一人暮らしをして家賃、水道光熱費など固定費を除いても手元に結構な額が残る訳です。
優秀な大学卒であれば初任給で30万円近く貰う人も居ます。

つまり、高校生だからといって5千円なんてのはおかしな話です。
交友関係が広くなったり、衣類や飲食費などかさむので2〜3万円あっても十分良いのでしょうか?本人が余計なストレスをさけて買い物が出来るなら、勉強や目標達成に集中できるはずです。

むしろ私が思うのが、お金の使う内容を重視すべきです。
例えばお小遣いを専門書など書籍の購入に充てるのであれば、いくらでも出して上げて良いと思います。本人の見識や感性を広げる事にお金を使うのであれば、親がサポートするべきです。
楽器をやりたいのであれば、そのお金を出して上げるのは子供の可能性を上げる事です。

そうでなくても、交遊費くらいは困らないように出すべきです。
私が学生の頃に居ましたが、あまりにお小遣いが少なくてスターバックスどころか、マクドナルドさえも行けない人が居ました。
多感な時期に友達に誘われても、それに参加できないという悲しみや劣等感がどれほど大きいことか。
高級なブランド品が欲しい。と言うなら、自分でバイトしなさい、と言いますがファミレスやカフェやケーキ位は友人と自由に行ける位は出してあげるべきだと思いますね。

また衣類も最低限は買える位は出すべきです。
月に1つずつ増やすとしても、中高生ならそれだけで3〜5千円は掛かる訳です。
男女ともにお洒落にも敏感な年頃なので月に1つ位は新しい服が増やしてあげたいものですね。

そういった意味で、学業など打ち込むことができているなら多いと言われようがお小遣いをあげるべきです。もしも勉強もせずに、趣味などの目標達成にさえ熱心でないのなら、あなたの教育方法が間違っているということです。

「子供がだらしない」「勉強しない、何にも興味を持たない」
これは100%親の責任です。反省しましょう!

 

まあそもそも、家庭によって経済環境が全く異なります。
新車で1000万円の外車に乗って、休みごとに旅行に行って旅館に泊まり、レストランにいくらでも行ける家庭もあります。
知り合いには、娘に700万円のヤマハの本格的なグランドピアノを買ってあげた人が居ます。もちろん防音室付きです。
子供が”ピアノを上達する”という理由だけで1000万円出せる家庭もあるのです。
ちなみにレッスンは1回1万2千円らしいです。

そういった家庭と、明日のご飯もままならない貧乏な家庭の子供のお小遣いが同じというのもおかしな話ですね。
貧乏な家庭のママが発狂して「金銭感覚が狂う」と言っているだけです。