アメックス・ゴールドカードの審査と裏ワザ


アメックスゴールドカードの審査というのは他社と比べて厳しいと言われています。

私が作る前に仕事の知り合いから聞いた話では、だいたい勤務年数が5年以上、年収が700万円程度、手取りであれば500〜600万円程度であれば通り安いと聞きました。
あとは自宅が自己所有の一軒家であれば有利と聞きます。

確かに上記であれば、属性が優れていると言えますね。
基本的にクレジットカードの審査はクレジットヒストリー(信用情報)を重要視されるようで、20代のうちから適当なクレジットカードを作り、一切の支払いの滞り無くコツコツと使っているのが一番良いとされます。

するとアメックスなどのカード会社からも、この申請者は10年近く延滞なく使っているから問題がないと判断されやすいのです。
全くクレジットヒストリーが無いのは逆に作るときに審査が厳しくなる傾向もあります。
30歳を過ぎていればクレジットカードの1枚位は作っているのが普通であり、今までの履歴が無いのが怪しまれるのです。

つまりアメックスゴールドなどを作るのであれば、過去にコツコツ作ってあり、持ち家・継続勤務年数が長い。などが重要ですね。
今は新規のカードホルダーが少ないので、申請すれば多少の年収が低くても通るかもしれません。
ただ、基本的には25歳以上の継続した仕事をしている人を対象にしています。

私の知り合いで若干20歳でアメックスゴールドを作った人物を知っています。
かなりグレーな裏ワザ的な方法ですが合法です。
ずいぶんと変わり者で、18歳の時に中古でポルシェ911を購入していたので、アメックスゴールドの1枚位は持って置きたかったようです。

その裏ワザ的な方法ですが、会社など法人オーナーになり、法人でカードを作る方法です。
つまり事業者として会社登記して、会社名義の口座を開設します。その後数年(1〜3年)してからアメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールドカードを申請すれば良いのです。
特に資本金が高い場合や従業員数が10人以上であれば、あっさりと審査が通ります。
この一見非合法っぽいですが、合法な方法を使えば平成生まれの20歳であってもアメックスゴールドを所有することができるのです。

とは言え、この知人のように頭がおかしい人物であれば通常のゴールドカードでも審査が普通に通ってしまうかもしれません。
会社オーナーであれば、百貨店にお歳暮やお中元など大口のオーダーを入れて法人外商担当者を付ける事もできるので、色々な方法で”特殊なカード”を所有することができますね。