人間性を豊かにするにはお金が要る?

Pocket

人間性と、お金。これは切っても切れない話ですね。

多くの人はこう言います。
「お金持ちに人間性は無い」「人間性とお金持ちは関係無い」

ですが、私はお金持ちの方が人間性が豊かな傾向にあると思っています。
何故なら様々な経験をするのにお金が必要だからです。
私は幼少期に非常に貧乏な家庭で育ち、休日にどこか旅行に連れていって貰えることなんてまずありませんでした。

沖縄や海外なんて夢のまた夢、ディズニーランドでさえも、小学生の頃に1,2回行事で行っただけです。
周りでは、犬や猫など動物を買って休日はドッグランに行くような家庭もありましたが、お金のない家庭では動物さえ飼うことができません。なにしろスーパーで100円のお菓子を買うことさえできないのですから。

お金がある家は、そういった旅行や動物、スポーツなど様々な体験を子供にさせてあげることができます。特別な日にはホテルでランチをしたり、美術や演劇、オーケストラを鑑賞する事もできます。

子供を伸ばすことのできる書籍も自由に買ってあげる事ができるのです。
昔はお金持ちの家庭には大百科事典が何冊も本棚に揃っていましたよね。
10代後半になってもそうです、お金がある家庭は塾や習い事に自由に通わせられますし、どこの大学に行くこともできます。本人が望めば海外留学も可能なのです。

お金が無い貧乏な家庭は、上記のほとんどの事が不可能になります。
裕福な友達の家庭を見て、羨む事しかできません。
週刊誌では、女子大生が学費と生活費に困りキャバクラで働いたりアダルトビデオに出演していると煽っていますが、全くありえない話ではありません。

お金持ちは非常識で人間性の欠片も無い人も居ますが、逆に広い見識があり知識人である人も居るのです。
極貧生活から人間性豊かに育つのは難しいと言えます。
人を妬んだり自閉的な人格を形成してしまう可能性さえあるのです。

つまり、自分や自分の家族の感性や人間性を豊かにしたいのであれば、一生懸命になってお金を稼ぐ必要があります。
そして、そのお金で世界の様々な美しい景色を見せてあげれば良いのです。