新宿伊勢丹の得意先サロン


意外にも検索で伊勢丹のサロンや外商について気になる人が多いようなので、少し記事にしてみます。

外商担当者が付くと、アイカードが「得意様カード」に切り替えられて赤い色のカードになります。
この得意様カードがあると駐車場の5時間サービスなど受けることができます。
またサロンの入場の際にも必ずカードのチェックがあるので、カードを持参する必要があります。

相当な人であれば顔パスも可能ですが、カードホルダーの人数も多く普通は必要です。
家族カードなども同じように利用が可能です。年に1回株主優待券の綴りのようなクーポン券が届きます。そこから駐車場延長や様々なサービスを受けられるようになります。

サロンはまあまあ広く、落ち着いたインテリアやデザインになっています。
雑誌や新聞が自由に読めて、コンセントでアイフォンを充電しても怒られません。
お金持ちな奥様や、奥様が買い物中に旦那様が待機していたりします。
他にもお金持ちの綺麗な娘様が暇そうに携帯をいじったりするのもみかけます。

コーヒーや紅茶など自由に飲めます。見ての通りロイヤルコペンハーゲンのカップを使っているようで、流石は天下の伊勢丹だなぁと実感しますね。

IMG_4395

 

9月4日、5日でニューオータニで秋の丹青会が開催されますが、その話をしている人達も居ます。
タクシーで移動する人が多そうです。ただ、当日に丹青会に参加するような人たちは運転手付きでSクラスやLSで来場するので、こういったサロンで見かけるような人ではありません。
私も含めサロンでくつろぐのは、来店して買う層なんだぁと思い知らされますね。
地下のスーパーで5千円するブドウをリビングで食べている人たちなんでしょう。

 

IMG_4399

 

丹青会では有名ブランドの新作コレクションがずらーっと並ぶので、多くの人が予約したり注文するようです。
中には革の色など指定して特注できるものもあり、常識とはかけ離れた人たちですね。