ヒルトンは高級ホテルではない


仕事で1週間ほどヒルトンに滞在しましたが、ヒルトンは高級ホテルではありませんね。

調度品のグレードが低く、サービスも一般的です。
これなら国内のホテル、オークラと同等のグレードと言えます。

おもてなしといった手厚いサービスを期待して行く場合は日本の老舗の高級ホテルの方が”日本人向け”で快適に過ごせます。
さっくりとしたサービスで、必要な物が必要なときに手に入れば良い、というタイプであればヒルトンでも満足できます。

リッツ・カールトン、シャングリ・ラ、フォーシーズンズの方が外観、内観、従業員の格が高いです。
ヒルトンはコンラッドと同等なイメージで、こういった高級ホテルの中では下のグレードとも言えます。
ブランドラインの中にはこれ以上豪華な系列も用意されているようなので、あえて抑えているかもしれません。
宿泊価格もヒルトンオーナーズクラブなどに加入しておけば、1泊2万円以下で泊まることができます。
ゴールドメンバーシップなどになっても朝食が付いたり、レイトチェックアウト程度なのでそこまで凄いサービスとは言えません。

付属のテニスコートやプール、トレーニングジムなどの規模も中堅で小さいと言えます。一泊二日ならまだしも長期宿泊しているとかなりの飽きがきやすいのが現実です。
個人的には名古屋ならマリオットの方が好みです。

レストランやバーも利用しましたが、そこまで感動するほどではありません。むしろ日本の高級ホテルの方が食事やバーのクオリティを追及しているように思えます。
ヒルトンが高級ホテルだと思うのなら、一度利用してみて他の日本のホテルとも比較するといいですね。