養分になるだけ?儲からないビジネス


初期費用0円、1日たった3分の作業で100万円!!

与沢翼氏のメールマガジンからリンクされたページを見たのですが、まーいつまでも同じ事やってるなぁ。と思うのが実情です。

「なぜ”儲かる!”というなら自分がやらないのですか?」と問いかける脳をつくるのがお金持ちになる上で必要不可欠な思考です。
具体的に◯◯を◯◯分すれば儲かる!という情報は全てブラフです。
本人がそれを実行すれば良いのです。

それよりは、弊社の商品を売ればn%のマージンが得られます!商材はこれです!と開き直った方が良いですね。
ただ、本当に良い商品であればアフィリエイターを使わなくても勝手に売れる訳で、話が帰結してしまいますね。

お金持ちになる方法のサイトで公開している情報というのは、◯◯をやれ!というよりは抽象的な情報ばかりです。
「米国や英国アマゾンから輸入してヤフーオークションで転売する」など具体的に示唆しているものもありますが、こういった公開されている情報は利幅が既に少なくなっているものばかりです。まあ、やれば多少もうかりますが。

お金持ちになりたい人は非常に多く、競合相手が非常に多くいる。と常日頃から考えて、業社の養分にならないように細心の注意が重要ですね。
例えば出会い系サイト、可愛い美少女やモデルの様な女性と出会える!とサイトで宣伝していますが本当に出会えるのなんて課金勢の1%未満です。
多くの男性が誰しも可愛い女の子と出会いたい訳であって競合相手が非常に多いという事実を分かっていれば正攻法では勝ち目がないというのは分かるはずです。

そこで特殊な方法に出れば出会える可能性もあるわけです。例えば少し前でいえばオタク文化のオフ会などで女の子と出会うのが話題になりました。
他にもイラストを公開するサイトで女の子に近づき、そこから出会うというルートなど、当初の出会い系サイトを利用するだけと比べるとはるかに出会える確率が上がります。
ところがだんだんと方法が有名になり競合相手が出てきたり規制される場合もあるのです。

つまりお金持ちになるための”儲かる”というのも同じことが言えます。
アフィリエイターとして活動するのは、既に星の数ほどある出会い系サイトの中で顧客(女性)を探すようなものです。
ビジネスとして効率良く儲けたいのなら、荒れていない市場を探さなければいけません。

それが何かといえば、もしかすればネットビジネスではなくリアルビジネス。それも競合相手が少ない田舎で介護や福祉関係を展開すれば驚く程儲かるかもしれません。
ネットというのはユーザーが多く競合相手が多いです。東京や大阪など都会もビジネスの競合相手が非常に多く、私やあなたよりも天才的な頭脳を持った人たちがスーツを来て剣と盾を持っています。
自分はどこでなら勝てるかを考えましょう。

あなたが強い(つまり資本金や頭脳がある)ならば、ネットや都会で戦う事もできますが、資本も無く、頭脳もさして無い弱者ならば勝てる環境で勝負する事が重要です。