低学歴がお金持ちになるには2つの物に詳しくなる

Pocket

専門的な知識は無い。趣味も何もない。あげくに低学歴では救いようがありません。

そんな状態でお金持ちになりたい、なんて言うのであればパチンコでも打って現を抜かしているのが良いですね。

低学歴でもお金持ちになる方法があります。
2つの専門知識を取得して、両方を生かす事です。
例えば、画期的な発明があってもそれを営業する方法がなければ絶対に成功できません。

どんなに素晴らしい音楽を作って演奏できても、プロモーションが全くできずにオーディション投稿するだけではプロミュージシャンには慣れません。
ところがプロモーション、または営業活動だけ得意であっても肝心なコンテンツがありません。

2つの専門知識や技術を合わせる事で成功が生まれるのです。
かのトーマス・エジソンも歴史に名を残す偉大な発明家でしたが、実は弟子が営業活動や宣伝が得意であったから、大手企業や様々な研究機関から脚光を受けたのです。
どんなに優秀でも家の中だけでやっていては広まらないという例です。

低学歴から専門知識を付ける。
具体的には、例えば語学+輸出(輸入知識)。
スペイン語を習得すれば、それを活用できる国は様々です。
そこで、もう一つの輸出や輸入の知識を付ければ、たとえ低学歴の個人であっても海外からの運送や輸入で一儲けができる可能性があります。
よく言うと趣味など詳しい商材があるのが理想です。リーファーコンテナやドライコンテナで持ってきてネットで販売する方法などニッチな狭い分野では未だに十分に勝算があります。

他には医学的な専門知識+マーケティング。今では飽和状態ですがサプリメントや健康食品を販売する上で、そういった専門知識に詳しい営業マンは殆どいません。
そこで、専門知識を習得する事で販売に強くなるのです。

既存の業種+新しい分野というのも成功につながる場合があります。
例えばメイド喫茶、今までは喫茶店だけだったものを女子大生などをやとってメイドのコスプレをさせるだけで客単価を何倍にも上昇されてリターニングを飛躍的に向上させたのです。これで驚く程儲けた人は少なくありません。
これの例を応用するのであれば、出張マッサージ+若い女性を雇ってメイドサービスを付ける。掃除をさせるなどです。
男性は安直にセックスをしたいというケースだけでなく、一人暮らしや恋人を作ることのできない人は、そうした疑似恋愛をしたがります。
定期的に契約させるなど、今までとは違う方法のビジネスであれば大きな収益を得る事が可能になります。
ただ、法規上の制約や人的トラブルが発生する事も考えられますのでハイリスクハイリターンと言えますね。