テロを投機に利用して稼ぐ人物が居る


フランス・パリの同時多発テロ事件がありました。

それによるフランスの対応や、アメリカの発言などインターネット上でも様々な論議が繰り広げられています。
筆者は株の投資を行っていませんが、一部の投資家はすぐさまこのことにより投機に利用しているそうです。

以前日本で、新幹線で火災が発生しました、その翌日には大手消火器メーカーと防災設備の会社の株価が急騰したのです。
どういうことかというと、火災が発生したという事は、今後JRが新幹線設備の改善を行い、防災関係に大口の発注を行うであろう、と予想をしたのです。

大口の発注が行われれば、もちろんその会社の株価は上昇しますから、それを見越して先に投資家たちが株を購入したのです。
この事故は一般人の被害者もあり、残念な結果となってしまいましたが、お金持ちの中では事件さえも投機のチャンスと見越して行動しているのです。

フランスのテロによって日本の会社の株に影響が出ているのは間違いがありません。例えば、先ほどとは逆に旅行会社や航空会社の中には株価が急落していることさえ考えられます。急落であれば空売りで儲ける事ができます。
真っ当に働いて儲けるのが正しいように思えますが、人の不幸を利用して儲ける事も可能といえる一件です。