ケータリングとBBQレンタルから考える固定費を抑えるビジネス

Pocket

実店舗型ビジネスの難しいシチュエーション。
郊外にコーヒーが美味しいお洒落な店を見かけるようになりましたが、こだわりのコーヒー豆という原価率の高い商品で勝負をしています。

ただでさえ利益の出ない単価、コーヒー500円程度にもかかわらず、膨大な初期費用に加え、毎月の建物の賃料や水道光熱費、アルバイトとなると、採算を取るのが難しいです。

かなりコンスタントにお客さんを回しても、ガンガン儲かるのは難しいのが飲食店の一般的なビジネスモデルです。
ところが、タイトルのような現在流行りつつある特殊な業種であれば、飲食系であっても儲かっている人が多いのが事実です。

具体的には、ケータリングというのは企業のちょっとしたパーティやイベント、行政の開催するイベントなどで”お届け”される料理のセットのこと。
一人あたり3000円〜5000円という価格で、作り置き料理を配達します。
いわゆる昔で言う仕出しですね。

このビジネスの場合は、営業許可こそ必要ですが、ビルの一室や場合によっては離れがあれば自宅でも可能なのです。
そこで一回5万円〜10万円の利益を出す事ができるので、固定費を最小限に押さえて利益を出すことができます。

もう一つのBBQレンタルというのは、商品をレンタルする業種です。
年に1〜2回しか使わないものというのは、あまり購入したくない人が多く高いレンタル費用でも出してしまうのです。
(スノーボードのレンタルが1人一式1万円など‥)

そういった意味で、BBQセットを一日数千円から。
また食材や食器なども同時に貸し出したりする会社もあります。
初期費用を抑えることができ、バイトを1人雇うだけで済むのでかなりコンパクトなビジネスといえます。

昔なら成り立たないビジネスでしたが、インターネットが普及したおかげで、都内であれば人口の1300万人を対象にできるのです。

少しアングルなサービスでは、BBQに”出前する女の子”を手配するサービスまであります。
なんと、食材とBBQセットと共に女の子まで一緒にデリバリーされて、飲食に付き合ってくれるのです。

世の中の男性がしたいことが、全てパッケージされています。
それで4時間で3万円〜5万円という料金を取るのです。
こういった特殊なビジネスを考えれば、費用がかからずに利益を出すことができます。
ただ、器具のレンタルだけなら比較的安全ですが、食材や人間のレンタルというのはリスクが高いとも言えますね。