国産ウイスキーとマッカランが高騰

必ず儲かるウイスキー投資

2017年4月22日に必ず儲かるウイスキー投資という記事を公開しましたが、1年足らずでウイスキーがさらに高騰する事態となりました。

どこの酒屋にでも並んでいた、酷いとコンビニにさえあった山崎12年は6千円から1万4千円、さらには現在のヤフオクの取引価格だと2万円〜3万円と恐ろしく高騰しています。山崎のオーナーズカスクに至っては6万円〜15万円程度だったのが、30万円から99万円まで現れるという驚異の暴騰。かつでのビットコインのようです。もしカスクでとれる250〜400本を個人で所有していたとすれば、マンションを買えるほどの価格になっています。

国産ウイスキーはサントリー以外にもニッカが高騰して竹鶴など12年だけでなく21年ものなど驚くほどに高価になっています。残念ながらもうここから買うことはしない方が懸命だと思います。ここまで高騰していると、これからどこまで上がるかは分かりません。250万円のビットコインを買うのと同じことになるかもしれません。

マッカランはエディションなどが1万円のものが5万円と、安定して高いプライスがついていますが他の蒸留所は緩やかな上昇気味で2倍になるものがあるかどうかという程度です。やはり国内や中国での人気によって価格に反映されているのかもしれません。

すでに高い銘柄を買うのではなく、安定して下がる可能性が低いものを購入すればまだ多少は利益がでるかもしれません。ポートエレンやローズバンクなどの閉鎖蒸留所も10年20年後には数倍になっている可能性がありますが、現在の価格もすでに5〜10倍以上であることを考えると、慎重に投資するのが良いですね。

必ず儲かるウイスキー投資

世の中必ず価値があがる投資資産というのは中々ない。
マンションや土地など不動産は、日本の情勢で暴落する可能性さえある。
ところがごくごく限られた、下がる可能性が非常に低い”物”が存在する。

続きを読む 必ず儲かるウイスキー投資